小学生の指導方法

こんばんは、ソフトバンクの向かいにある 明光義塾 関旭ヶ丘教室の教室長です。

今日は朝から大変でしたね、私も朝から一番下の娘をJR駅まで送りに行って出勤しましたが、結構混んでいました。そう、道がでこぼこしてて走るのも気を使い、教室までの時間もいつもの倍かかりました、ですが冬は雪が降らなきゃ始まりませんね。20日も過ぎて雪が降ってもらっても嬉しくもありませんね。欲を言えばクリスマスあたりがいいですね、町の景色がイルミネーションに彩られ、そこへ雪が舞い降りるなんてロマンが感じられると思いませんか?

後何回降るのか分かりませんが、時期が遅すぎやしませんか!(少しだけ怒っています)降るならもっと早く減れー、ってね。

そうそう、今週の日曜日と次の月曜日はもっと強い寒波が来そうですね、最低気温から推測するに20センチほどは積もるのではないかと考えます、だって、-4℃みたいですよ。ヤフー天気を見る限りは!ちょっとワクワクしますね。

安心してください、教室は休みませんよ!

さて、教室では本日も小学生の子供たちも19時40分から頑張って勉強されています。6年生が主なんですが、教室の中ではやはり雪が降った話で持ちきりでした。

生徒 「先生?帰りの道で雪合戦して遊んだよ」

先生 「誰と遊んだの?」

生徒 「みおちゃんとゆうきくんと・・・?」

何人と雪合戦したかわからないくらい頑張ったみたいでした。

ほっぺが冷たくて、教室に入ってきて直ぐにそんな会話がありました。

癒されます、小学生の生徒たちと話をすると元気をいただくことができて、実際は言いたいことがたくさんありすぎて、、、それで話が終わったりと、小学生なんだなあって感じることができるヒトトキでした。

授業中は、目の前の問題に集中していますので静かな時間が過ぎますが、いったんスイッチが入る授業後なんかは、やはり話がつきません、話題を多く持っているんですね。

小学6年生の生徒たちは現在90分授業を主に行っていますが、4年生、5年生の頑張り屋さんたちは45分授業からスタートすることができます。

時間は短いですが、講師の先生にはとっても人気です。だって元気がもらえるんですもの。

5時くらいからの45分間、6時からの45分授業。時間はさまざまですが元気のよい生徒たちばかりで元気をもらっています。

授業の内容はと言うと、教室長の立場から講師さんたちへお願いしていることはただひとつ

「褒めて褒めて褒めちぎってください」

小学生のお子様たちって目の前の問題を解くことに集中しますので、横から口を挟まれることを嫌がります。特に6年生ともなると中学生以上にあるような勢いですね、

ですから、答えの正答率が云々ではなく、いかに集中して解いたか?を重視しています。

目の前の問題にどれだけ集中したかを大事にしたいと思います。

褒めて褒めて、どんどん伸ばす  楽しく学ぶ!  ですね。

 

よろしければ、無料体験やってます。お気軽にお電話ください

 

キラキラしたお子様を指導したいと考えています。

IMG_0482