小学生の授業時間

こんばんは、今週の始まりです。

今日も宜しくお願いします。

今日の昼間は暑かったですねー、教室に来る途中エアコン入れて走っていました。10分ほど窓開けて走っていましたが、やはり暑かったです。

昨夜の雨で蒸していましたので、久々のエアコンでした。

授業中のいまもこの時期生徒たちが来るとエアコン必要になります。

 

小学生の90分授業は時間的に長いのか?

 

教室の授業は、中学生以上は基本1コマ90分授業となっています。
この90分授業というのは、小学6年生から高校生までいっしょですが、小学6年生の90分間は慣れるまで、多少長く感じてしまう子も集中力が持たない子もいます。

学校の授業時間はもっと短いですもんね。

そういう子には、途中で教える内容を変えたり、少しだけ雑談を入れたり、あとは少し休憩したりと気分転換も授業に盛り込んで授業しています。

だけど慣れてくると90分間が意外と短く感じたりするのですが…..

そんな私どもの授業に、違った意味で慣れた生徒がいました。まるまる90分集中して授業を受けることが苦手でいつも授業途中に休憩入れてリフレッシュしてもらうんですが、
「先生、 69ページまでやったら休憩します!」

と、高らかに講師に宣言していました。

90分授業に慣れたのではなく、反対に休憩をとるということに慣れてしまって、休憩のタイミングまで自分で決めてしまっています!
やはり自分で考えて行動することは良いことではあるので、私どもも
「分かった! じゃあそこまでやったら休憩にしよう!」 

と言うと休憩時間までは集中して取り組んでくれてしっかりと休憩を取ってくれました。

その提案を聞いて講師も私も少しニヤッとしちゃいましたが、よく考えて授業は受けてくれています!
目的は、ちょっとずつ集中力をつけて90分がアッという間に感じてくれるような授業にしていきます!

頑張って早い時期に90分授業に慣れてもらうことですね。

 

先週も体験授業を受けていただいた小学生の方へのその後の営業連絡はいたしませんが、ご納得していただいた保護者様の方から、ご連絡をお待ちしています。

体験授業後は、一旦ご自宅へお戻りになって考えていただいてご返事をお待ちしています。

できましたら、良い返事を頂けましたら喜びます。

 

私どもは個別指導塾ですので、いつでもスタートできます。

 

わからない単元、苦手な単元を見つけることが得意な先生たちばかりです。

一緒に苦手な単元の類題をたくさん解いて、力に変えていきましょう。

 

もちろん本日勉強して理解できた類題は、宿題としてドンドン出していきます、ご自宅でも勉強して力がついてくるのです。定着させる意味でも次回の授業までの宿題をたくさん出すようにしています。

IMG_0827_R