新中1の英語授業

新学期の授業が学校ではスタートしています。

部活の話は生徒たちからはまだ聞いたりしていませんが、部活は来週ごろからですか?塾でも話題に上るのが。

1学期のスタートが始まった今は、クラスの友達の話がとても人気があります。

 

 

そんななか、教室の新中1年生は、4月に入り教科書の文章も扱い始めました!
最初の文は、I am Tanaka Kumi.からスタートです。

新中1年生は、初めての英語が面白い?

不思議?なようで
文を一つ一つ確認していくのですが、なぜだかフフフッ!と笑ってしまいます。
I am Paul. Paul Green.
と次の文でもなぜだかフフフッ!なのです。

それが、隣の席の同じ新1年生にも伝わって。 フフフッ! なのです。

 
英語の教材も先に進めば進むほど、いろいろな名前が出てくれば出て来るほどみんなで笑ってしまっていました。

先生たちは始めポカーンとしていましたが、いろいろ聞くと教科書に出て来る登場人物の名前が面白かったようです!

「えッ、なに? ポールって名前なの? 苗字?ポールなの?グリーンなの?」
「また新しいのが出てきたし~!」 と
名前が出て来る度に楽しそうにスペルの練習をしてました!

中学生で本格的に始まる英語を、楽しくスタートできているようで何よりです。

興味が持てれば持つほどに楽しくなってきますね。

今日から新1年生も中学生として中学校に投稿してワクワクが止まらないですね。

 

関市で頑張る個別指導塾

 

お電話は 0575-46-9271