関高校や武義高校、関商工も行きたい高校へ明光義塾で

おはようございます。

個別指導塾の明光義塾 関旭ヶ丘教室の教室長の個人ブログです。

さて朝起きて外見るとどんより空一面雲がかかっています。

ウェザーニュースによると本日は雨との予報です。

 

雨にも負けず勉強にも負けず、本日も1日がんばっていきましょう!

 

 

ここ1週間のブログを読み返してみると高校入試のことが多く述べています。

公立高校入試まで、残り6カ月間も無いこの時期は受験生にとって1つの節目です。

 

ということは、この時期が受験勉強をやらなければいけない最後のボーダーラインではないでしょうか。

 

昨日のブログのように私の過去の経験から1日8時間も9時間も受験勉強する事はなかなかできません。常識的に言って4.5時間が精一杯だと考えていますし、体調も悪くなるのでやってほしくないです。

今まで勉強してこなかったお子様、部活にがんばりすぎて勉強をおろそかにしているお子様たちは、この時期がやらなければいけないスタートの時期となります。

行きたい高校に行って欲しい、行きたくても点数が低すぎていけない、などなど頑張れない理由を探すといくつも出てきます。本当にいきたければこの半年間努力をしろと、そう考えています。

公立高校の入試まであと半年を切りました、もう6カ月間もないんです。

 

そんな時期だからこそ強く言いたいんです。行きたい高校の合格点と君の実力差は、一体どれくらいあるのだろうと。

この時期今までの経験上、60分から80点も差があるお子様は相当頑張らなくてはいけません。

でもあきらめることなく日々の努力を継続すれば行きたい高校に行けると確信しています。では何をどう努力すればいいのか?なんですがこのブログを読んでる方はもうお分かりだと思います。

 

ご家庭での毎日の勉強を続けることです!

 

問題を解いていて答えが間違っていたり、問題が理解ができない問題があれば付箋紙チェックをする。そして個別指導塾の授業で先生に教えてもらう。

 

これだけです。

 

なぜ個別指導塾なのか。個別指導塾は生徒一人ひとりに向き合っているからです、わからない問題があればどんどん聞いてください。
基本ご家庭での勉強でわからない問題を集めて、塾に来て教えてもらってください。わからない問題をわからないまま放置することだけは学力アップのためにはなりません。

受験生に対してもまた現在中学校1年生や2年生のお子様に向けても言えると考えます。

 

学習塾に来て勉強するのではなく、学習塾に来てわからない問題を教えてもらうことこそがうまく学習塾を使うことだと考えています。

何回も言いますがなかなかご家庭で勉強ができなければ、塾に来て自学自習をする学習塾としてもがんばる子を応援したいと思います。

関高校に合格できる点数は何点位だと考えているでしょうか?

 

毎年大勢の方から聞かれることです、それが関高校であったり武義高校であったり関商工や加茂高校であったりと。

答えは次の通りです、水物なんでわかりませんそうです毎年受験者数も違いますしレベルも違うので何とも言えませんが、ある程度この点数であれば合格するであろう点数は、関高校であれば400点から420点は欲しいと考えます。

 

現在の高校1年生に確認すると様々ですが一概にこの点数で大丈夫はないんです。ですから公立高校の入試日まで日々の勉強したもの勝ちなんです、諦めずに頑張っていきましょう。

岐阜新聞テストを受けて自分の立ち位置を確認することも大事なので受験をお願いいたします。

 

 

一緒に頑張っていきましょう
今月まで入会者特典として明光義塾にご入会された方には90分授業4回が無料となります。

 

 

電話お待ちしております。