中学校の先生も楽じゃない

学校の先生のお話しです。

ここのところ受験生たちは私立高校入試まで1か月弱!公立高校入試まで2か月弱というこの時期、ヤル気のある生徒とヤル気がまだ出ない生徒に分けられます。授業時間外では通っている学校の先生の悪口をは耳にしたりします。進路の話なんですね、話題は

「私は関高校に行きたい」

先生 「だってその成績じゃあちょっと無理じゃない」

実際私たちが見ていてもその成績では難しい成績なんですが、

塾はどのようにして生徒たちのモチベーションを上げるのか?

ということなんですが、実際の偏差値の話を持ち出して頭ごなしには言いませんが、事実のお話とこれからの生徒のヤル気を図りながらお話をいたします。

「もっともっと頑張れば関高校も目の前なんだよね」

あとは生徒たちのヤル気次第。家で勉強ができなければ塾に来て自習をする。

家でできる子はその環境でできる限り頑張ってみる。

 

方法は色々ですが、やはりモチベーションを上げる方向で生徒たちとカウンセリングしています。

で、話を学校の先生の悪口に戻すと、塾って学校の先生の悪口が入ってきやすい立場というか。

私個人の思いとしては学校の先生への尊敬は常に抱き、生徒の前はもちろん悪口は言わないですし、そのような考えも抱かないようにと考えています。
また、塾講師を教員として社会へ出す機会も多々あり、また高校入試でお世話になることも多くあって教員の立場や忙しさなどよく理解しているつもりでもるんですね。

気持ちとしては同じ教育者という意立ち位置ではないかと勝手に考えています。

先日、生徒と話をしていてちょっと疑問がわいてくることがあったので…..
岐阜新聞テストの1月分の申し込み締め切りが迫りつつある時期に、要は高校受験前最後の模擬テストになります、その大事な模擬テストって進路指導をしていくうえではとても大切な判断材料となることは言うまでもありません。
関旭ヶ丘教室の受験生にも受験の申込みをしていない生徒には
「○○(学校の先生)が、受けなくてもいいって言ってるよ。実際受けて点数がアウトだったらショックを受けるからだって」 と話してくれました。

話を盛った感じはなかったんですが、実際に聞いてみるとショックを受けます。
「いやいやいや違うでしょ」

学校の進路指導に最新データは必要でしょ!

と色々と思うことありましたが、実際にその先生とお話した訳ではないので実際のところは、まだ謎なんですが

明光義塾の私どもで実施している「過去問予想問特訓」に参加してくださいね。
今出来なくてもいいんです。

試験当日に出来るようになって点数を1点でも増やした方が 合格になるんです!

 

 

次回の模擬テストは1月28日(土)です。

朝10時30分~5科目受験し、その後 解説をいたします。

 

2月は 第1土曜日 第3土曜日となります。