長文読解でスパート

こんばんは、昨夜は「世界の山ちゃん」に行ってきました。

午後から名古屋にて研修会で夕方まで頭に汗をかきましたので、倍返ししてきました。やはり名古屋の街は賑わってますね。

駅前だったのでウィンク愛知の近所で探してましたが、行きついた先は「世界の山ちゃん」でした。手羽先好きだったんでとっておいしかったです。

飲んで食べて深夜まで倍返しです。

楽しかったです。

 

さて、今日は朝から新たな仕事の準備に追われ、関市に着いたのが午後1時、それから事務仕事して気が付いたら夕方5時前後。

本日の18時からは入会カウンセリングとほかに体験授業が1件入っていましたので慎重に時間のやり取りをして、今日も2件入会が決まりました。

本日ご入会していた受験生と小学6年生の生徒たちと保護者様、誠にありがとうございます。

 

生徒の成績を上げることが私どもの目的なので、これからよろしくお願いいたします。

宿題をドンドン出題し当日の授業の理解を定着したかどうかの確認をしながらの授業で進めさせていただきます。

 

有り難いですね、明光義塾を選んでいただいて!

 

そんな保護者様のご期待以上の結果を出せるように精一杯指導していきます、

 

今週はまだ2件体験授業がありますので、気を引き締めなければいけません。

すべての生徒さんと、その保護者様の満足のために最大の準備とわかりやすい授業を目指します。

 

そんなことを、毎日考えています。

 

さて、今日の授業では、「あ~ そういうことなんだよね!」 と
声があがることがあります。

分からない問題が分かって類題が解けた時!
解けない問題のヒントが理解できた時
自分の考え方の間違いに気づいた時

反応は様々ですが、キラリと感じる瞬間でもあります。

ただ単純に、授業中の内容だけではなくそれ以外の時でも光るときがあります。

今日の受験生の英語の授業のときのこと
テキストの和訳を進めていると,,,,,和訳がどうもうまく出来ない生徒が多くいました。
細かく分析したんですが

英文とか単語とかではなくて、長文に書かれている文章の情景自体が分かっていないようで、生徒たちは昔から長文読解が苦手だったのです。
今日の授業で言うと、遊牧民の生活についての説明。
そもそも遊牧民がどのような生活をしていているのかが分かっていないので理解しづらいのは仕方ありません。
ちょうどその内容は、モンゴルの遊牧民なんで
モンゴルの位置も勉強し遊牧民の生活と歴史と地形などに少し触れると!

「あ~ そういうことだったの!」 と長文読解が急に進みました!
受験生ともなるとしっかりと英語以外の知識がないと長文読解自体は難しいと感じています。
授業では、そういうことも気をつけながら解説しています。