中学生の体験授業

こんばんは、今日も先生たちが熱弁をふるっている明光義塾関旭ヶ丘教室です。

毎日が冬期講習のような感じで情熱を傾けて指導しています、私どもの講師たちは本当にすごいですね。こんな雰囲気が生徒たちにも伝わり、生徒たちも難しい問題も腑に落ちていくのでしょうか。

そんな風に感じています。

難しいしていた生徒たちが、笑顔に変わり、次の類題を解いていく。

そんな生徒たちがいっぱいいる私どもの教室。

中学生の体験授業

ということで

本日も中学2年生の体験授業を行いました。

中学2年生の理解しづらい単元ってわかりますか?(唐突ですが)

うちにお問い合わせがあるお子様の半分は、連立方程式と1次関数なんですね。

1番は1次関数なんですが。

 

90分間で指導できる単元はある程度絞られてきますが、連立方程式だけ!とか1次関数だけ、などいろいろご要望はありますが、理解できるだけのきっかけとかギリギリのヒントをお出ししてお子様のありとあらゆる知識をもって問題を解いていってもらっています。

答えを提示することはとっても簡単なことなんですが、それではいつまでたっても自立学習ができるとは考えられません。

私どもでは「自立学習ができる」を目標にしていますので、先生たちもギリギリのヒントを出すだけにとどめています。

そこでお子様が考えて考えて答えを出していく。

そこまでを導いていくことが私どもの先生たちの仕事なのです。

そこに意識をしながら先生たちは、答えまでたどり着けるように指導しています。

今日の体験授業のお子様もY・D・Kなので一つひとつを説明し理解しながらの授業でしたが、問題が解けだしたらなんてことないんですね。

そこまでを理解できるように、ギリギリのヒントを出していきます。

 

こうして授業は終わったんですが、有り難いですね。

ご入会もしていただきましたし、やはり情熱をもって問題をお子様と先生とで解いていった結果だと考えています。

なかなか理解しづらい単元が多くなる中学2年生なんですが、理解できればなんてことないんですが、なんですね。

そこのお手伝いができればと考えています。

一人ひとり苦手な単元は違うもの。

ですが私どもの先生たちは 教えるプロです。

 

大学生といえども情熱をもって指導しています。

 

「わからない」から「わかる」

「わかる」から「できる」に。

 

そんなお子様を明光義塾にご入会していただき、ひとりでも多くのお子様が上のようになってもらいたいと考えています。

 

学習塾にご興味がありましたらぜひ明光義塾の体験授業を受講ください。