おはようございます!

関市の個別指導塾明光義塾関旭ヶ丘教室の教室長です。
このブログはあくまでも教室長個人のブログなので、明光義塾関旭ヶ丘教室のホームページはここから確認をお願いいたします。

学校の宿題や学習塾での宿題いかがでしょうか?

 

あなたのお子様は毎日机に向かって勉強していますか?

それも毎日継続できていますか?

 

 

さて私を含む明光義塾 関旭ヶ丘教室の講師達は、いつも中学生の勉強嫌いの生徒さんに数学や英語を手に教えています。

私を含むと言ったのは、来てくれる講師さん達で回らない時やどうしても入らなければならない時は教室長の私が入ることもありますので、そのような言い回しをさせていただきました。

 

私の授業中の仕事は、講師さんが生徒たちと授業をしているときに、たまに事務仕事をしたり、ですが主は生徒さん達の授業のほうに耳をそばだてて、授業の内容を聞いたりしています。

ですから私どもの生徒さん達の学力や生徒一人ひとりの苦手な教科単元ををできるだけ私の目で見、そして耳で聞き感じています。

ふと何かの新聞で読んだことをお話ができればと思います。

今日の表題の通り中学校1年生や2年生の勉強嫌いは約半数を超えると書いてありました。

この問題は非常に深刻でお子様が一度勉強が嫌いになると自ら勉強しなくなってしまいますし、ゆくゆくは高校進学や先の大学進学、または就職のチャンスや自分の可能性を狭くしてしまうかもしれません。

そんな事はとてももったいないですね。

中学校の1回の失敗や勉強嫌いで将来のお子様たちの選択肢が少なくなったり、自分は勉強ができないと、一生コンプレックスを持ってしまうなんて考えるだけでも嫌になると思います。

なぜ勉強嫌いになってしまうのか、特に中学生で勉強嫌いが増える理由とどうすれば勉強嫌いをYDKにできるのか?

その辺をお話ししたいと思います

 

 

中学に入って勉強嫌いになる理由とは?

勉強を嫌いになる理由は様々ですが主な理由はわからないできないことが原因なのではないでしょうかまた成績が下がると言う悪循環に入るとお子様たちはどんどん勉強が嫌いになります

さらに学校での先生との人間関係や部活が忙しくなるなど勉強内容とは関係のない理由もあります。

 

そんなことを少しづつ綴っていきます。

 

私どもの塾では、小学生から高校3年生まで幅広いお子様たちが勉強に励んでいます、もっと詳しく言えば年長組のお子様から高校3年生の生徒まで幅広い年齢にお応えしています。

小学生の低学年では2桁の足し算引き算また掛け算や割り算、時計の読み方などからスタートし中学生、高校生も指導しています。

そして私どもの講師たちは、現役の大学生がほとんどです。
一例を申し上げると岐阜医療科学大学の講師さん、岐阜大学の講師さん、中部学院大学の講師さんが中心となり現在男女合わせて10名ほどの講師たちで授業を展開しています。

では、どのような生徒が通っているのでしょうか?
個別指導の塾と聞けば、学力的に少し努力を要するお子様たちが通っているようなイメージを持たれていると思いますが昔高校を十分に合格できる生徒たちもいますし英語を学びたいそういう生徒は、各務原高校の英語科を第一志望校に考えていますしまた将来は人の才能を生かす職業につきたいと言うことから加納高校の美術館を目指す生徒もおりますこのように私どもの宿では様々な生徒たちが高校受験または大学受験に向けて真剣に取り組んでいます

 

ここで高校受験の生徒たちの今年度の事業計画をお話しさしていただきます大まかに言うと夏季講習があり9月の頭に実力テストがあり期末テストがあり冬季講習があり1行講習が終われば滑り止めの私立空を選んだりまた念願のライチ尻を選ぶことになります

 

その都度先日の個別指導塾ですから生徒一人一人の頑張りや現在の学力に対しきめ細やかなプランを作ることができますこのようにしてあと半年後の公立高校受験に向けて生徒と講師たちはともにゴクミ学力アップに励んでいます

 

大学受験を目指している高校3年生の授業についてお話しします現在個別指導塾ですから講師が生徒に指導すると言う人が人を教える形の授業と映像を見ながら高校生の生徒たちが難しい問題男を理解する事業を展開しています映像授業はやはり目的を持ったまた目的がしっかりとした方向性は実行することがとても役に立つと信じています理解しづらいとは全くありませんし幅広い事業内容が生徒一人ひとりのレベルレベルに合わせたコースが組めるのでより深い理解が得られると確信しています.