高校生の勉強は計画的に

 

ここのところ連日、中学生の1学期期末テスト前の頑張りばかりの記事の更新になっていたので、今日は高校生の授業の話をしましょう。
少し前に高1生最初の1学期のテストのための注意事項など私ども教室から高校生の生徒に向けて案内したことがありました。

で、無事にテストが終わった高校生ですが、顔を見ると憂鬱な顔してたりとさまざまですね。
1年生の生徒たちは、ニンマリ顔の結果だったようで、本人に聞いても満足気な様子で安心しました。
2年生の生徒たちは、テストにも慣れた様子で手を抜く教科まで出てきました。大人な対応をつかんできたようで、腹に入りませんでした。
3年生は、センター対策とのバランスに苦労しながらどこまで学校のテストに力を入れればいいのか悩んでいる生徒がチラホラと見受けられました。

こうしてみると、高校2年生が一番余裕がある感じです。
この1年と半年で、やることも分かってきてまだ受験まで1年あるので余裕が感じられるのでしょう。

「テストテストで大変だね」 と高1生につたえると・・・

「だってあれからほとんど進んでないですよ~」 とフレッシュなリアクションです。

いままでの中学生活から考えると高校生になって新たな生活が待っていると思っていたのでしょうか。
3期制の5回のテスト回数と間隔に嫌気が差してきたんでしょうか
この時期の高校生はこれから一気に授業ペースが上がってきます!
このことを踏まえながら前もって言っておくべきことは伝えながら授業をしています。

 

夏期講習からはじめませんか、 私どもは個別指導の学習塾です。スタートはあなた次第で決めることができます。