授業での気づき

こんばんは、関市と美濃市近隣から生徒たちが通っている明光義塾関旭ヶ丘教室です。

私どもは個別指導の学習塾ですからいつでも明光でスタートができます。

学習塾選びを考えている保護者様、無料体験授業を実施しています。

下記の電話番号にお電話ください!

0575-46-9271

 

日曜日でもお受けします、アラキが対応しますので、体験授業を受けたい日時を第3希望まで考えておいてください。

スムーズに対応できると思います。

 

授業中にメモを取ること

 

さて、近ごろ メモを取らないお子様が増えています、授業中のことです。

 

私どもの教室では、勉強の仕方も教えています。

お母さまからの塾への希望で一番多いことですので、できるだけ最初のころの授業にお話しすることが多いです。
そのご要望の一つとしてノートの取り方・作り方も教えています。

そのノートのことです、講師たちが解説をしたものは自分でまとめる作業を生徒たちにしてもらっていますが、このことが出来る子と出来ない子では結果として学力が変わってくると考えています。
講師が一生懸命に解説をしてもその授業では分かりますが、メモを書いたりしていない生徒は数日たったら忘れてしまうことが多いんです。

そして、
これ先週も説明したんだけど」 と再び解説をします。

また、ある生徒は解説をするとそれを自分に置き換えてノートにメモをしています。
もちろん「メモをするように!」という指示もしてのこともありますが、

徐々と身についてきて自分でメモをするようになってきます。

そうなると、次回からの授業で分からない場面に直面すると
まず最初は⇒「あ~ ちょっと前に何かメモした記憶があるな~。」 と思いだして
その次に⇒「どの部分だったっけかな~?」 と探し始めて
最後に⇒自分でノートをめくって分からない所を解決できるようになります。

私たちはノート作りの一環としてこのメモって、とっても大切なんですね。
学校の授業でも使えるので、学校の先生の話したことなどのポイントを自分でメモを作っていくといいと思います。

 

○○先生がいい

 

私ども個別指導の明光義塾関旭ヶ丘教室の授業は、講師1:生徒3の個別指導になっております。
生徒一人ひとりの担当の講師は、生徒との相性や生徒の目標に合わせて決めていくようにしています。
通常の授業ではある程度同じ先生で授業をしていますが、夏期講習や冬期講習中になると生徒の授業ペースやシフトも変わって来るので、今までとは違う先生に当たることもあります。

まあこれには、良い面とそうでない面と両面あるのですが、生徒としてもいろんな先生と授業を行うことで「○○先生がいいなぁ~」 とふと思うこともあるらしいです。

また、その話を聞いて通常授業でもその先生と授業をしたいと思って私のところまで伝えてくれることがあります。
「教室長。今度から○○先生にしてくれませんか?。」

もちろん、すべて変更する訳ではありませんが、なるべく考慮をして担当の先生を決めていくようにしています。

相性ももちろん大切ですし、生徒一人ひとりの目標の達成も大切なので、私としてはいろいろと考えています。

ただ、「○○先生がいいなぁ」と思えば私のところまで、たくさん教えてくださいね。

 

そんなことをふと考えたりします。