道のり速さ時間の問題

こんにちは、本日は少しだけ考えてもらうことをお話しします。

っとその前に、

このブログは教室長の個人ブログですから明光義塾関旭ヶ丘教室のホームページではありません。

そのことを踏まえてお読みください。

明光義塾関旭ヶ丘教室のホームページはコチラからお入りください。

 

18時からの授業に来ていた生徒の中で
道のり 速さ 時間」の問題が苦手な人は多いのではないでしょうか?
特に、中1を教えていてこれらの文章題になると正答率がぐっと低くなる生徒をちょこちょこ見かけます。
苦手にしている理由はいくつかあると思いますが、速さについてしっかりと理解していないことが考えられるのではないでしょうか?
例えば「分速100m」とは、1分間に100m進む速さです。
当たり前のことですが、実はこのことをしっかりと理解していないことがとても多く見受けられます。
「分速100mで2時間歩いた道のりは何mでしょうか」
このような問題で「100×2=200〔m〕」といったような解答をよく目にします。
1分間で100m進むと言っているので、2時間では200mしか進まないわけがありません。
分と時間の差ですね、勘違いしてますね。
2時間は120分なので、100×120=12000〔m〕となります。
同じような問題では以下の問題もよく見かけます
「4000mの道のりを20分で走ったときの速さを求めなさい。」
このときに、速さの求め方が分からなかったり、「み・は・じ」を使って解いたりと解き方は色々ですが、
秒速・分速・時速」の意味をしっかり知っていれば、1分間に何m進むかを求めれば良いので、20分間で4000mだから、1分間で4000÷20=200〔m〕と理解できるはずです。
 
速さ:「m/s」は「m ÷ s」
 

道のり(距離)〔m〕÷ 時間(秒)〔s〕

算数と違って、数学はさまざまな公式を使って問題を解いていくのですが、公式を覚えて終わりではなく、その公式をしっかりと理解することを大切にしてほしいと思います。

 
ふとそんなことを考えていました。
 
わかっている問題ではありますが、お約束のような間違いで引っ掛けられて正答が出てこない場合があります。
 
 
昨日の授業の中で、「み・は・じ」を「き・は・じ」と覚えている生徒が数人見えました。
うちの先生たちも調子に乗ってお話ししていましたが、覚えやすい方で良いと思います。
で、その意味は 「み・は・じ」は 道のり、速さ、時間 です。
では「き・は・じ」はと言うと キモイ ハゲ ジジイ らしいです。
恐ろしいですね。
 
分かるまで徹底的に指導します。
宿題もドンドン出します。
しつけも指導します。
 
関市のお子様も美濃市のお子様も  明光義塾 関旭ヶ丘教室です。