春季講習について

公立高校入試が来月9日!なんですね 本当に本当にもうすぐそこに。

教室では昨日の過去問特訓で2月の授業も終わりとなります。

受験生にとって昨日で受験前の最終授業を終える子がたくさんいます。
直前の2月は、予想問題に取り組んだり苦手な単元のみを中心に最終確認をして授業しました。難しい問題よりも、簡単な問題を落とさないことを確認したり、テストでの問題を解く時間配分などの細かい得点の仕方についても指導してきました。
現在みな出来るようになり、自信を持って教室をあとにしてくれます
「どうだい? もう大丈夫そうか?」 と先生たちも確認すると
「はい! 大丈夫です!」
「明日も自習で来ていいですか?」
「3月からの授業もお願いします。」 と元気に答えてくれます。

今年も公立は定員オーバーの高校もあり、若干の競争がありますが、ここまで来たら自信を持って今までの努力を悔いなく発揮するだけです。
そして、入試はもうすぐそこです。 来週もみな自信を持って退室してくれるよう授業します。
高校入試当日は自分を信じて最後の1秒まであきらめず、落ち着いて1点でも多くいただける解答をしましょう。

日曜日の今日は、こんなことを考えています。

 

関旭ヶ丘教室では、毎年学校がお休みの期間に期別講習を実施しております。

今年は3月25日(金)が終業式となっていますので、4月の始業式まではこの期間になります。

各講習ともに、生徒一人ひとりご希望の回数や内容をお伺いし、通常授業と同じように個別学習プラン(講習用)を作成して、一人ひとりオリジナルの春期講習を実施しております。
自習もどんどん来てください、この1年間の復習をすることが、進級しても苦手単元を作らないための方法だと感じています。
また、教室からもプランをご提案させていただくこともあります、カウンセリングを行いながら決めていくこともできます。
今回は、中学生のプラン一例をご紹介させていただきます。(新中1、新中2年ともプラン作成しております。)

新中学3年生(英語・数学 全10回復習プラン)
英語:①過去形・過去進行形②未来形・助動詞③不定詞・動名詞④比較・命令文⑤接続詞
数学:①式の計算②連立方程式③1次関数④平行と合同⑤図形の性質
以上を復習をすることで、1年間のまとめを新学期までに行い次学年への準備を目標にしています。
公立高校入試では、1・2年範囲からの出題が7割と言われたりもします。

しっかりと復習をすることで、受験へのスタートをスムーズにきることができると確信しています。

このように、オリジナルのプランを作成し、授業として計画的に勉強を進めることができます。
あなただけのプランをおつくりすることができます!

教室までご相談ください。

広い教室で、熱い先生たちと成績アップです。

 

DSCN0472_R

 

学習塾へのお悩み、ご相談お待ちしています。

0575-46-9271 アラキが対応いたします 日曜日でも結構です。