今週の期末テストが焼けるように熱い!

こんばんは、関市の個別指導塾 関旭ヶ丘教室のアラキです。

「関市の中学生のみんなー!テスト勉強頑張ってますかー」

マジ、1学期の期末テストは良い点数がとりやすいのでそれなりのテスト勉強に打ち込んでほしいですね。

保護者様から多く聞かれることでテスト対策関係で話しますと、

 

「何時間勉強するのが良いですか?」ですね。

そんな時の教室長としての答えは、

「メリハリつけて勉強してください」とお願いしています。

抽象的ですね、

みなさんは、どう考えますか?

そりゃあ、中1、中2のお子様が4時間も5時間も、もくもくと勉強すれば、

知識もドンドン頭の中に入りますし集中力が続けば素晴らしい点数が出ると思います。

 

学習塾としては、ドンドン勉強時間に費やしてもらうことが理想なんですが毎日続きませんよね。

そうです、目の前のテスト勉強も大事なんですが、継続することも大事だと思うんですね。

かといってテスト対策を疎かにすることは間違いですが、そのお子様一人ひとりが年間通して目標点数に

到達できる授業時間が必要ですね。

 

でも今の答えとはなっていませんね。

テスト勉強にかける時間は、各学年+1時間とか2時間とか聞きますが実際のところ

目標点数に対して何点足りないのかで、時間を考えてください!

例えば数学が20点足りなければ、その点数を補うテスト勉強時間が必要ですね。

もっと言えばあと10問〇が多く正解となれば達成するのです。

テストの範囲表を確認してどの単元で10問正解になることが簡単なのかを考えること!

 

ここが大事だと考えます。

ほかの教科もこのように考えてもらえば、いかがでしょうか。

 

さて、ここからは学区内の中学校での出来事です。

ある学年のある教科に遅れが出ていて、その時の学校の対応を考えたいと思います。

いくつかのパターンがあります!

テストだけで一気に進度を進めるパターン!というのがあり、実際に生徒や塾を苦しめます。 

ではなぜ、そういうことになるの?
それは、両方(単元、期末)のテスト対策を進めなければいけないからです。

実際に教室に通ってくれている生徒たちは、

年間プランに沿って進めているので学校の進度も対応し、また本来の教科書進度に沿って授業をしています。
テスト1カ月前くらいまでは想定をした授業を進めていました。

そして、テスト範囲が発表された先々週?  テスト範囲はやった所のみです!

そして、テスト範囲が思ったより狭い。

今回のテストは乗り切れたとしても…
今年度の授業は、学校の進度を考えると全単元終わらせるのは絶対に無理! な、感じがします。

やはりどうにも納得できず、生徒たちが不憫でなりません。。。
塾としても春から進めていたプランで進めるように講師たちに確認しています。

無駄にはならないものの今までの授業がねって感じです。
教材も前学年使用時のものを持って来てもらったり、また墾学年のものと照らし合わせ

テスト対策を進めております。

 

ガンバレ!生徒たち!

a href=”https://www.meikogijuku.jp/school/detail/S2730.html”>関旭ヶ丘教室のサイトより