1学期期末テスト対策授業を考える

 

先ほどまで昨日の新聞を読んでいました。

内容は、

ゴールデンウィーク明け不登校増加が見出しです。

ゴールデンウィーク秋は夏休み直後と並び学校に行きづらくなる時期、学校が強くなってと言うのが理由だそうです。

私どももゴールデンウィークの休みを八日間としました八日間も仕事がない生活と言うのもあまり体験してはいませんが本日朝子にいかなければいきません。お子様たちはこれだけ休みが続きは1日と2日は学校に行ったと思うんですがゴールデンウィーク明けはどうなんでしょうか?まずはこの4日間の休みが気になりますね。

 

 

やはりこの記事には中学校1年生や高校1年生が対象になっているような気がします小学校から中学校で環境も変わりうまくこの新しい環境に適応すればよろしいのですがそうでない場合は気になっちゃいますね周りのお子様たちが1人でもそーゆー不登校になりかけていたらそっと言葉をかけてあげて欲しいと思います。

 

 

学校って楽しいんだよって言うことを。

 

 

さてこれからは表題の通り6月の20日以降に始まる1学期期末テスト対策についてお話しできればと思います。現在2年生や3年生のお子様たちはテストと言うのはなんぞやと言うことがわかっていると思います、ここでは新しく入学した1年生のお子様たちについての話しをと思います。

 

 

中学校では学期末に毎回テストがあると言うこととその間に実力テストと言うのがあります今回お話ししたいのは1学期期末テストに向けてのお話ですその名の通り1学期のテストです学校からはテスト3週間ほど前に範囲表なるものが配布されます、その範囲表に従い4月の入学時からの学校での勉強の確認をします。

 

 

またクラスによっては提出物やテスト勉強のノートを要求されます。

 

 

またテスト当日はピーンと張り詰めたクラスの中で実施されます、初めての事なので緊張するなと言う方が無理な話なんですが、やはりここは落ち着いて目の前の1問1問に食らいつくということが大事です。

中学校1年生にとっては初めてのテストですからテスト範囲も狭く高得点が期待されます。

 

 

ですが皆が皆、高得点が出るわけではありません、1学期の授業を真面目に聞いて理解して似た問題を何回も練習したお子様たちのみが、高得点を出せるのだと感じています。

今から脅すわけではありませんが、学校の授業を聞いて理解ができ、似たような問題を何回も解くことで、理解が深まると考えています。

この時点で「できる」となるわけです。

 

 

このことは数学のみならず、英語やその他の教科にもつながる考え方です。

 

 

今日はこの辺で。

 

 

もし何か不安がございましたら明光義塾までお電話いただけたらと思います。スマホからは下の青いリンクからお願いします。

 

 

必要であれば無料体験授業や資料請求また教室見学なども可能ですお子様たちの力にならせてください。