3学期末テストに向けて

みなさん、わんばんこー?!

昔、あるラジオ番組で師匠が言ってましたね。懐かしいです!

今月の末にテストがありますねー、頑張っていきまっしょい

期末テストまで残りわずかとなりました! 各学年ごとの期末テストについて解説します。

3学期末(学年末)テスト

1年生
英語は出題される単元や内容としては難しくありませんが、会話文が多くなり前後の文をよく理解する必要が出てきます。また、進度調整でテスト範囲がとても広くなる可能性がありますね
数学は、関数や図形が中心になり内容もあまり難しくないので、高得点を狙うことができる戸思います
科目によっては、1から3学期の全範囲といった出題もあり、今までの学習の定着・復習ができているかどうかで点数が大きく分かれるのではないでしょうか
テスト範囲をしっかりと把握していれば全体として高得点がとれるテストだと予想します。

2年生
英語は、比較が中心となりさほど難しくありません。助動詞もしっかり覚えられれば対応できます。英語が苦手なお子様はこのような文法も苦手としているのではないでしょうか、(実は、簡単な単元なのでもったいないかも?)出題形式は決まっているので、たくさん問題を解いていくことで点数を伸ばすことが可能だと思います
数学は、証明や確率が範囲ですが学校の進度が追いついていない学校もあり、授業がかなり駆け足で進むことがあります。駆け足で進んだ場合及び証明がテスト範囲に入ってくると苦手意識のある子は、かなり厳しいテストとなります。
また、実際のテストにおいても演習不足気味のお子様は、解答時間が足りず全問解くことができないという自体も出てきます。演習の量とともにスピードを意識した対策が必要です。
このテストで内申が決まってしまうこともあります。今まで取れていた点数もこのテストが悪いと評価を下げてしまいます。このテストで現状維持及び点数UPが内申UPの秘訣です!

1・2年生共通のこと
3学期のテストは、年間通しての総復習という意味合いもあります。このテストで点数がとれないということは、現段階で苦手の単元がありますので、進級を前にしっかりと復習をしておく必要があると感じます。
次のテスト(1学期末テスト)は比較的簡単なテストになりますので、しっかりとここで点数を取ることができれば、新学年からのリスタートも可能なので、春休み中の(特に英語・数学の)復習及び新学年の予習をされることを強くおススメします

3年生
入試後に行われる試験のため、内申に関わらなかったり、私立組はある程度合格間違いなしと思っている子も多いのではないでしょうか?このような試験は毎年、水物なので今年はどうなるかわかりませんので、機を引き締めていってほしいと思います、ですがもう高校への新たな気持ちになっている子が多く、気が抜けてしまいがちですが、入試同様の緊張感で受けられるといいでしょう。
特に対策などはしなくても良いですが、中学校最後のテスト
有終の美・立つ鳥、、、
一生懸命がんばりましょう!

また、せっかくしっかりと勉強をしていい点をとっても通知表が“3”だった・・・なんてこともあります。
これは、はっきり言ってもったいないですね
提出物や学校で出された課題をしっかりこなしていくことも忘れないようにしましょう!(これは、全学年に共通しますね。)

保護者様は、お子様のテストの結果をしっかりと見てあげてください。
また、点数に関わらず、努力していたことは認めてあげるなど、その辺りをしっかり伝えてあげてください。
点数が悪ければ。。。何かを打ってあげましょう。
原因があるから点数に現れることはいうまでもありません。 もしかしたら、お子様一人では解決できない原因かもしれませんね。
新学年でスタートダッシュを決めるのであれば、短い春休みに総復習しておく必要があります。
塾に通われている方は、塾の先生にしっかりとテストを見せ対策をしてもらってください。
通われていない方で、得点の仕方や新学年へ不安がある方はご相談ください。

安心してください、明光義塾です!  0575-46-9271

110129