テスト対策は見直しも含めて

こんばんは、

 

テストも返ってき始めて私どもの教室では、テストの問題用紙と解答用紙を回収しながら、解答の中身を確認しながら?分析しはじめています。

授業でもテスト解説を扱っています。
そこで、気になる所は指摘するようにしています。

例えば・・・時間配分なんです。

本日の保護者カウンセリングでもその話題が出ました。とある中学校の3年生のテストで。
解答用紙を見ると、その生徒がどういう感じでテストを受けたのかが分かります。
前半は書いているが後半は空白が目立つ生徒や
記述解答はすべてスルーしている生徒や

文章問題は全くの空白の生徒や
解答用紙にお絵描きしている生徒などなど

私どもでは時間が足りたのか?足りなかったのか? そしてどの問題に時間がかかって、かけていなかったのか?など

細かい所ですが、指導しています。

結局のところ、テストを見て表裏を確認して時間配分を頭の中に入れておくこと。もしくは問題に時間配分を書いておくことが肝心なのです。

その他にも、
テスト対策授業で念押しして確認した単元はしっかりと得点しているのか?
学校の先生が用意したラッキー問題で必ず点を取ることができているのか?
なども見ます。

テストの分析が出来て生徒たちと確認ができると、テストに対する受け方が変わってきます。
そうすると、結果として得点が変わってくるのです。

英数の分析が中心で授業は終わっていることもありますが、その他の科目もしっかりとテストの分析を自分なりにしてみましょう。

わからなければ聞いてください!

 

そして昨日もある受験生のお話市です
毎日のように自習を頑張ってくれる子ですが、集中力が切れると休憩がてら仕事中の私のPCの前にやってきて座るのです。
「教室長~ 腹ペコだよ~!」 と

「あ~ 私もおなか空いたね~。」 と。実際私もそのころは腹が減ってきています。
こんな時は、甘いものが食べたいですね。 で、ハッと思いだしてしまったことがありました。今月の関市のフリーペーパー「きららくらぶ」の中にあるペイザンのシュトレンです。
「シュトレン食べたいな~。」 と心の声が生の声へと変わっていました。

「何? それ?」 と生徒は知らない様子。
「このページに載ってるケーキのお菓子なんだけど知らない?」 とシュトレンについて説明していました。

少しだけマイブームにもなり、その時に食べて衝撃を受けたのです!

まぁ簡単に言うとガトーショコラなんです。似ていませんが。

 

「とにかく凄いんだよ! ハンパなく甘いんだよ! そして、高カロリーなんだよ!」 と
シュトレンについて熱く語ってしまいました!

「じゃあ 太るの?」 と聞くので、気になってグーグルで話しながら調べてみました。
検索をかけると、なんとなく似たような感じのがありました

「○○ちゃんすごいよ。 900kcalだって!」
「それってすごいの?」 とまだシュトレンの衝撃が伝わっていないようなので
「900kcalだよ! お茶わん一杯200kcalだよ?! やっぱシュトレンすげぇ~」 と
びっくりしちゃっています。

いや本当に衝撃だったんです!
そして、思い出すだけで虫歯が進行しそうな気配で歯が心配になっちゃいます。

生徒たちも「太るのは困る~。 女子的にね。」 と
少しはこの興奮が伝わったのか、シュトレンの甘ーい恐ろしさは空腹をも退ける勢いでしたが、受験生は、食べた方がいいかも!

脳内の血糖値なんて一気に上がるし、食べたあとの罪悪感?も半端なし
その感字をひきずればその後の勉強にも力が入りそう。

12月初旬から販売だそうです。

 

そんなことを考えている日でした。

 

体験授業 受け付けています。