単元テストも

おはようございます!

岐阜県関市の個別指導の明光義塾 旭ヶ丘教室です。

日に日に寒さが厳しくなっていますこのようにして冬がすぐそこに近づいてきています。昨日もお伝えしましたが朝4時前後の寒さは厳しいものになっていますね。

昨日は桜丘中学校1年生の数学の単元テストが実施されました、うちの生徒たちはどうだったでしょうか?とても気になります。

現在1学期期末テストに向けてテスト対策事業の受付をしております。来週月曜日22日よりスタートしますが.このような実力テストや期末テストに向けてのテスト対策授業とは別に単元テストなどのテスト対策授業も行っています。

単元テストの対策事業としては、通常1コマや2コマ追加の授業をお願いしています。

今回の数学の単元テスト、一時方程式の利用では90分の授業ひとこまで大体収まる感じでありました。少し努力の必要な子様には2コマをお願いしています。

例えば2コマの内訳としては、

1コマ目に基本的な計算問題を流してもらいます、ここで気をつける事は単純な方程式があれば、移項するときの符号の勘違いです。

次に少数であったり分数が入ってきたりします、少数の方程式では10倍にしたり100倍をしたり、分数が混じった方程式では最小公倍数を見つける事が重要です。また比の問題は、外外内内でしたね。

このような計算式を徹底的に理解してもらいます。

2コマ目では、文章問題のみに授業を費やします。速さの問題では、兄と弟がいて弟が20分後に出発したとか、兄=弟など特に気をつけなければいけない点などを解説をしていきます。

また提出物の管理も同時に行っていきます、生徒たちには常に単元テストがあるのかないのかを授業中に確認をし単元テストでの点数アップを図る対策授業を行っています。

そんな細かいこともとても重要なので常に生徒とのコミニケーションを図り、わかりやすい解説を目指しています。

特に今年中学生に1年生のお子様には数学や英語の単元テストは重要です。