夏過ぎから英語嫌いが始まる

本日も爽やかな朝がやってきました、早朝2時と4時に外に出かけましたがとても肌寒かったです。長袖を着ていたんですがやはりもう1枚何か羽織るものが必要な位の感じでした。

本日も1日楽しんでいきましょう。

さて教室では、今週二軒めの体験授業を終えました。

仁間とも体験授業の指導する教科は英語です、そうですね近頃英語の体験授業が多くなりました。

そしていずれのお子様も英語の授業が苦手だと言っていました。中学1年生と2年生です。2年生はともかく1年生のお子様については、中学生になり英語の授業が始まって半年間が過ぎたあたりでしょうか、この時期から英語で2月になるお子様が多く見られます、be動詞や一般動詞を覚えたり、「これは〜」「あれは〜」から始まり5w1hが出てきたりと、新しく覚えることがたくさんあります。

夏休みを過ぎたあたりから少々難しくなってきています。それに加え英単語を覚えることも必要です、英単語は読みも書きも訳も覚えなければいけません。小学生までは実際4教科で済んでいたところ近頃は英語も教科として加わり5教科に変化しました。

そしてこの内容です、嫌いになって当然かもしれませんね。

ではそのままでいいのか?と言えばそうではありませんね。嫌いになったものを好きになりなさいといっても、無理がありますね。

少しでも嫌いをなくすことこそ、今できる1番の方法ではないかと思います。

では行動レベルで何をしたら良いのでしょうか。

このブログで何度も言っている通りみんなが苦手とする英単語を覚えることです。

これができれば嫌いが嫌いでなくなるのではないかと推測されます、また今までの経験上、少なからずなんとなく嫌いに変化しているようです。

そのようなお子様は、英単語を覚えてください。英単語が書けることを日本語に訳することこの2つができればいけると思います。

早速実践してみませんか?

私が言うのもなんですが、明光義塾はいいですよ。

集団塾もいいですが明光義塾は、個別指導塾です3人のお子様を1人の先生が担当しますが指導開設する時はマンツーマンです。

お子様のわからないをわかる、できるに。

まずは下記の青いリンクからご連絡ください

今月来月とキャンペーンも実施しています

本日はこの辺で