成績を上げるなら週2回以上ふ

おはようございます、関市で頑張る個別指導の明光義塾 関旭ヶ丘教室です。

前回の記事より少し間が空いてしまいまして、と言うのも生徒たちのテストの点数や前回の期末テストとの伸びを教室長として分析をしていました。総括としては曖昧な答えなんですが、点数が上がった生徒もいますし、逆に下がった生徒もいます。

あいまいで申し訳ないんですが報告としてはこのような形になりました。ではどの制度が変わったのか、またどのような制度が下がったのかという、大事なところなんですが、表題にも書いた通りです。

個別指導の塾として、生徒全員の成績を上げること、これが私たちの仕事です。

色々な生徒がいます、そして生徒の要望によってもまた違います。基本的な考えです、学校の授業が毎日6次元あって月曜日から金曜日までです。そのカバーというか、成績を上げるために生徒さんに来ていただいています。

では個別指導塾としてこの学校の授業をカバーしつつ成績を上げるとなると、果たして1週間に何回の事業が必要だろう。

教室長としての考えですが最低週2回以上の通塾が必要だと考えています。

で、今回の期末テストの結果もその辺の授業回数が関係してくるような結果となりました。

週2回以上通塾していただいている生徒さんは、2名を除き点数が上がっています。その反対に週一回通塾している生徒さんは、維持をしているかもしくは点数が下がりました。

個別指導塾の教室長として、生徒一人ひとりに最適な週回数を提案できなかったことが原因で、力足らずだったのではないかと推測します。

生徒さんや保護者様の目標を聞いたりカウンセリングをしながら適切な数回数を提案すること、このことがおろそかになっていたのかもしれません。

ただテストの点数を上げると言うことでテスト対策授業をお願いしました、先程の話に戻りまして、やはり通塾している生徒たちにはピンポイントな指導以外は、学校の授業が1日6次元× 5日間であるならば、カバーし成績アップを考えたとき個別指導塾としての提案はやはり週2回以上の通塾がふさわしいのではないかと考えます。

明光でがんばってみたいと言うお子様や保護者様がお見えでしたらぜひご連絡いただけますか