いける高校ではなく行きたい高校へ明光義塾関旭ヶ丘教室

明光義塾関旭ヶ丘教室のブログです.

このブログは教室長の個人ブログとなりますので明光義塾 関旭ヶ丘教室の公式ホームページはこちらからお入り下さい。

今日も暑い日が続きそうなそんなどんよりとした天気です。

先日は一応夏季休暇最後の日までにしなければならないことがたくさんありました。

1つは読書の目標です1日1冊から3冊と言う目標を立てていたのでそれをクリアした時間に年金事務所に寄りました、年金事務所の方とお話をしてそれから地元に戻り地元の喫茶店で2時間から3時間ほで、グタグダと時間を潰し1日を超えました。

さて本日は夏休み後半真っ只中なので確認のためにお話をしていきたいと考えます。

受験生の皆さんは夏休みに入ると同時にいろいろな公立高校の高校見学があったと思います。

関心のある高校や絶対に行きたいと言う高校に進学したいと考えていると思いますが、まず第一に考える事は行きたい高校の高校見学に行ったかどうかだと思いますし、まだこれから高校見学があるのでしたら必ず行きたい高校への高校見学は参加してほしいと考えます。

変な話なのですが高校入試3ヶ月前の冬休みの冬季講習の期間に行きたい高校と生徒の現在の実力で行ける高校が違う生徒たちがいます。

私たちの力不足だと言えばそれまでなんですがやはり生徒たちにも強い信念というか必ずいくんだと言う強い気持ちを持ち続けてほしいと考えていました。

 

冬休みの間に生徒たちに聞くと行きたい高校に高校見学に行ったよと言う生徒たちは行きたい高校への想いも強く、夏休み過ぎからどんどんテストの成績も点数もアップしてますし、顔も結構自信がついてるような気がします。

一方夏休みに行きたい高校に高校見学多い数ランクを下げ行ける高校に高校見学に行ったと言う生徒たちは、やはり行ける高校しか望まなかったのかなあと言うふうに感じます。

私たちの精度が1人のカウンセリングで進学相談に力を発揮できなかったことがとても悔やまれます。

 

以上のように行きたい高校への想いよ受験生の皆様には強く持って欲しいと考えています。

 

さて8月ももう残りわずかです。

受験生にとっては岐阜新聞テストや学校での実力テストや期末テストこれからどんどんテストが重なります。

受験生にとってはハードな半年間になるかもしれませんが、その先は笑って行きたい高校に合格できていると考えています。

残り半年間ぜひ、行きたい高校への思いを強く持ってほしいと考えています、持ち続ければ必ず合格できると信じています。

 

がんばっていきましょう

 

今日はこの辺で