テスト後の生徒の行動

今日は土曜日、旭ヶ丘中学校などまだ2学期末テストが目の前の生徒たちもいるので、そのようなお子様は、今日明日は一番頑張りどころな2日間となりますね。

テストが終わればホッと気が緩む生徒たちが多いので、そこは気を付けてくださいね。

サボローが狙っていますよ。

 

 

テストが終わった生徒たちは、月曜日くらいから教室ではテスト後のプランに変更していくので、よろしくお願いします。
特に受験生は、高校受験内容のプランへ順番に移行していっています。

学校の授業は学校で内容を把握理解してもらうように、よーく耳をそばだてて聞いといてください。

教室では
「来月からは受験の月までこの教材を使っていくよ~!」 と案内し
ちょっとだけ復習として夏休み中に行った講習内容を確認します。

 

「これは、夏休み中に1回やった2年生の内容だけど覚えてるかな?!」

って感じで聞くんですが、みんながみんな頭の隅に追いやられていて反応なしの生徒たちがいます。
まぁここでスラっと出来る問題ばかりではないのですが…
苦手だからこそ、再び復習をする方がいいということで各自のプランに組み込んでいるので
「忘れてます…….」 となってしまいます。

「忘れてるね! 入試まであと3カ月だよ! 復習しなきゃマズイぜ」
残りの日にち、時間といなければいけないことを確認し
期末テスト明けで安心している気持ちを引き締めるため厳しく指導スタートです!

受験生に対して今までは学校授業と並行しての入試対策ではありましたが
特に来月からは入試対策中心といよいよ入試へ向けて本格化してきました!

 

 

で、来週は、今週あったテストが返ってきています。旭ヶ丘中学校も月火なので来週中には帰ってくる予定ですね
教室では、もう点数を集計中です。
毎回の授業で「○○のテスト返ってきた?」と聞いて点数を聞いてます。

そしてパソコンの集計表に転記して今までの推移とともに私が振り返りをしています。

全員が全員ともにすべて点数が上がればいいのですが、なかなかそうもいかずにね、生徒一人ひとりの分析をしてから次のプランへ更新するようにしています。

まだまだ数人の点数しか確認していませんが、1学期のテストは私ども教室全体としても良かったので、今回のテストも更新していけるか期待しています!

 

中学1年生の生徒たちの大半は、教室へは家から近い子たちが多く通ってくれています。

もっと言えば学校よりも近い距離の子もたくさんいます。で、 「○分でつくから!」 とちょっと油断が出てしまうようで毎回遅刻をしてきてしまう子もいます。

そんなある小学5年生のお話しをしたいと思います。

ちょうど塾の授業で算数の{平均}を確認していたので、
「いまの授業の内容分かった? じゃあ9月から今日までの平均遅刻時間をだしてごらん!」 と毎回記録してある時間を読み上げて計算してもらいました。
「先生! 出たよ。○分だった!」
「どうわかった。 平均して○分も遅刻しているんだよ。」
「これからは、早く来たらマイナスも計算しよう! 今までの遅刻分を取り戻すことができるじゃない?」
と話してみました。

すると3週続けて
「先生! おれ今日も早いでしょ!」 とちょっと早く来るようになりました。

まだ5年生なんでマイナスの概念についてはまだ理解できていませんが、現実問題、遅刻もなくなったし、平均も理解したし、マイナスの考えも若干だけ理解できたしね。

もちろん毎回授業の10分前に来てくれている子もいます。
遅刻がないからエライというわけではありませんが、今までと比べると少し生活の仕方が良い方向へ変わったみたいです。